IPFS infinite JAPAN

mining-top-pc
mining-top-sp
feature01
feature02
feature03

「ファイルコイン」という暗号資産をご存知でしょうか?
コインと引き換えにあらゆるデジタルコンテンツを保存することができ、また、保存したコンテンツを早く効率的に配信することができる新しいタイプの暗号資産で、昨年10月に運用が始まり、ネットワークは今日まで順調に拡大を続けています。

「数年でビットコインを凌ぐポテンシャルを持っている」と米ナスダックのコラムで紹介されるなど、将来的に大幅な価値の上昇が期待できる銘柄の一つとして、また、年々爆発的に拡大しているインターネットのデータ流通を大幅に効率化できるデータ保存・配信インフラとして注目を集めつつあります。

また、誰でも「ファイルコイン」に記憶領域を提供することで定期的に収入を得ることができ、その仕組みを「ファイルコインマイニング」と言います。

filecoin-image

ファイルコインマイニング

提供されたストレージはファイルコインネットワークに繋がることで、それぞれが連携しあい、一つの大きなワールドストレージとして振る舞います。

ネットワークは誰でもストレージ〔記憶媒体〕を提供して報酬をもらうことができます。報酬はデータを保存するとき、また配信するときに手数料を受け取ることができます。

また同時に、ストレージを提供するにあたり、全てのデータ取引と、ネットワークの流通通貨であるFIL〔フィル|暗号資産〕の取引記録をブロックチェーンに記録するマイニングプログラムを実行する役割を担うことでシステム運用をサポートする仕組みとなっています。

このことから、ストレージを提供する人たちはマイナー〔マイニングする人〕と呼ばれ、ファイルコインシステムはそれぞれのマイナーに対して提供した記憶容量に応じて、ブロック報酬〔マイニングに対する報酬〕を分配します。

Fnetwork

暗号資産ファイルコインの
マイニング運用サービス

ウェイサス

IPFS infinite JAPAN

「IPFS inifinite JAPAN」は株式会社ウェイサスが運営するファイルコインマイニングの包括的なソリューションサービスパッケージです。

ファイルコインマイニングに特化したストレージシステムの構築・保守・管理、そして高水準のマイニング運用サービスをワンパッケージで提供しています。

IPFS inifinite JAPANでは、ファイルコインマイニングに最適化された専用のストレージシステムを1テラバイトサイズから構築し、運用することができます。

暗号資産グローバルマーケット アップデート

暗号資産グローバルマーケット
アップデート

The global cryptocurrency market intelligence

大手機関投資家が本格的に暗号資産投資に参入

暗号資産についての理解が進んだことや、またグレースケールのビットコインファンドのような規制に準じた暗号資産関連の金融商品が多くリリースされ、人気を集めるなど、投資環境が整ってきたことで、2020年から21年にかけて多くの大手機関投資家が本格的に暗号資産投資に参入しました。

米金融大手フィデリティによる世界の機関投資家1,100人からの回答をまとめた最新の調査結果で、全体の52%が暗号資産に投資しており、「暗号資産投資に魅力を感じるか」という質問に対して、全体では9割近い投資家がイエスと答えました。

「NFT」の流行。世界で毎週200億円ペースで販売

「NFT」とは鑑定書と所有証明がついたデジタルコンテンツのことで、ブロックチェーンを活用して構築されているので暗号資産と同様に偽造(違法コピー)することができません。今後、売り買いされるほとんど全てのコンテンツメディアがNFTに置き換わる可能性も十分に考えられます。

「NFT」の流行はブロックチェーンを活用した次世代のインターネット[Web3.0]の時代が到来したことを世間に示すこととなりました。また、暗号資産が「投機」から「実用」のフェイズに移りつつあることを示しています。

コインベースのナスダック上場

2021年4月14日、米国最大手の暗号資産取引所であるコインベースがナスダックに上場を果たし、一時10兆円を越す時価総額となりました。

米仮想通貨関連企業としては初の上場となり、伝統ある米ニューヨーク証券取引所の親会社の時価総額約7.2兆円を上回り、ウォール街の巨人と評されるゴールドマンサックスに匹敵する資産規模となりました。

暗号資産がもはやニッチな資産ではなく、グローバル金融における主要資産クラスであることを世界に示すこととなりました。

《暗号資産投資》
素人でも十分に勝てる「鉄板の法則」

《暗号資産投資》
素人でも十分に勝てる「鉄板の法則」

暗号資産投資で確実な資産形成を考えるなら、幅広くアルトコインに長期分散投資する。

素人でも十分に勝つことができる暗号資産投資戦術があります。それは「バイアンドホールド」と言って一度購入した暗号資産をすぐに売らず、5年~10年程度の長期に渡って保有するという方法です。手放さなければ良いので、積み立てるのもおすすめです。この戦術はカタカナで「ガチホ」と呼ぶこともあり、ガチ(本気)でホールド(保持)すると言った意味で使われたりします。

「バイアンドホールド」が何故、暗号資産投資に有効な戦術であるのかをご説明します。

多額の株式運用を任されているプロのファンドマネージャーでもトレードを重ねて年利5%以上の利益を安定して出し続けるのは難しいのが現状です。

しかし、米ナスダックの最新リポートによると、暗号資産全体の年平均成長率は12.8%と予想されており、2020年に14.9億ドルと評価された市場規模は2030年までに49.4億ドルに達すると予測されています。このナスダックリポートは比較的堅い予測で2030年までに60億ドルに達するとしている経済予測会社のレポートもあるほどです。

つまり、暗号資産全体が今後10年で著しく成長することが予想されているので、下手に売ったり買ったりするは必要はなく、買って持っているだけでプロのファンドマネージャーが運用する以上に利益を出すことが可能であると言えます。

また、暗号資産は価格の変動が激しいため、相場を気にしていると精神的に疲れてしまうこともあると思いますが、細かい相場の動きを繰り返しながら、徐々に価値が上がっていくことを想定しているため、細かい相場を気にする必要がありません。

また、「バイアンドホールド」ならば、急な暴落時にもロスカット(強制決済)されることもありませんし、暴落時はむしろ買い増しのチャンスとなります。

暗号資産市場の成長拡大はまだまだ続く

《米ナスダックリポート》
暗号資産全体の年平均成長率
12.8%
[市場規模]
2020 14.9億ドル
2030 49.4億ドル


暗号資産市場の成長拡大はまだまだ続く

《米ナスダックリポート》
暗号資産全体の
年平均成長率
12.8%
[市場規模]
2020 14.9億ドル
2030 49.4億ドル

値上がり前のアルトコインに広く分散投資する

仮想通貨には数多くの種類が存在します。その中でも、利益が大きい可能性があるコインとして期待されているのはアルトコインです。アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことを指します。

すでに人気を確立しているビットコインやイーサリアムなどの通貨も、今後も引き続き時価総額を伸ばしてくると思われます。しかしながら、今後50倍〜100倍に伸びると考えるのは現実離れしています

しかし、アルトコインにはまだそのチャンスが残っています。ですから有望と目されるアルトコインに広く分散投資して「ガチホ」する。そして暴落時には買い増す。これが基本戦略となります。

レバレッジ取引などに手を出さずとも、この基本戦略だけで十分に大きな利益を狙えます。

mining-business
mining-business

マイニングするなら利益率が圧倒的に高い「運用初期!」

《マイニング収入》=「新規通貨発行」+「取引手数料」

ビットコインを始め、暗号資産は運用初期に最も多く新規通貨を発行し、その後急速に発行量が減衰していくモデルが一般的です。「新規通貨発行」枚数が最も多い時(最初の半減期が来る前)にマイニングすることが重要です。大量の新規通貨発行は初期マイニング参入に対する「スペシャルインセンティブ」で獲得条件は「タイミング」のみです。

mb001-sp

ビットコインを始め、暗号資産は運用初期に最も多く新規通貨を発行し、その後急速に発行量が減衰していくモデルが一般的です。「新規通貨発行」枚数が最も多い時(最初の半減期が来る前)にマイニングすることが重要です。大量の新規通貨発行は初期マイニング参入に対する「スペシャルインセンティブ」で獲得条件は「タイミング」のみです。

MB002-sp

暗号資産のマイニングプロセスは完全に公開されており、誰でも検証可能であるのが一般的です。マイニングは透明性の高いシステムによって自動的に運用され、ズル・インチキ・贔屓・特別扱いなどは存在せず、システムは古参のマイナーも新参のマイナーも全く平等に扱います。

mb003-sp

元々ニューヨークを拠点とする火力発電所だったグリーニッジは2019年にマイニング事業に参入。同社は直近1年間で1186BTCを採掘し、1BTCあたりの採掘コストは約31万円程。〔単純計算でビットコイン単価を470万とすると、売上は55億7420万|利益は52億円〕2025年までに現在の約25倍の採掘能力を備える施設に拡張する予定。

conclusion-sp

マイニングプロセスは完全公開!透明性の高いシステム運用

Webサイトで、全てのマイニングプロセスについてモニタリング可能。

暗号資産のマイニングプロセスは完全に公開されており、誰でも検証可能であるのが一般的です。マイニングは透明性の高いシステムによって自動的に運用され、ズル・インチキ・贔屓・特別扱いなどは存在せず、システムは古参のマイナーも新参のマイナーも全く平等に扱います。

マイニングはグローバル社会ですでに認められているビジネス

北米の大手暗号通貨マイニング事業者は業績絶好調!次々とナスダックに上場

元々ニューヨークを拠点とする火力発電所だったグリーニッジは2019年にマイニング事業に参入。同社は直近1年間で1186BTCを採掘し、1BTCあたりの採掘コストは約31万円程。〔単純計算でビットコイン単価を470万とすると、売上は55億7420万|利益は52億円〕2025年までに現在の約25倍の採掘能力を備える施設に拡張する予定。

値上がりが予想される暗号資産の初期マイニングは利益率は高い

主な運用コストは電気代のみ。市場価格よりも断然格安な単価で大量入手可能

fil-top-sp

ファイルコインはWeb3.0仕様のストレージ

ファイルコインはWeb3.0仕様のストレージ

ファイルコインが提供するストレージは次世代インターネットWeb3.0の世界で、あらゆるデジタルコンテンツを効率的に流通させる目的で設計されています。

New Generation Internet|Web3.0

インターネットは今、より確実で信頼できる通信プラットフォームへと進化を遂げようとしています。インターネット通信自体の信用性を向上させないことには、今後、大きな発展が予想される自律自動的なウェブシステムの構築が不可能だからです。

[現状のインターネットの課題]
・アクセスの集中など、状況と場合によって、システムが機能しなくなってしまう。
・流通するデータの信憑性を検証・確認することができない。

IPFSの実装によって、システムメンテナンス不要でダウンするもことなく〔ゼロダウンタイム〕

高い信頼度で稼働し続ける強靭なウェブシステムの構築が可能になりました。

IPFSの実装によって、
システムメンテナンス不要で
ダウンするもことなく
〔ゼロダウンタイム〕
高い信頼度で稼働し続ける
強靭なウェブシステムの構築が
可能になりました。

ipfs-top-sp

高性能サーバーの役割の終焉

インターネットは、これらの課題を分散化技術とブロックチェーンによって解決します。
これまで高性能のサーバーシステムに集中していた処理をネットワーク全体に分散して処理するようにします。
具体的にはサーバーシステムを中心としたアドレスをはじめとするデータ流通の仕組み(プロトコル)から、ネットワークを中心としたデータ流通プロトコルへと変更が必要になります。

IPFS|Protocol Labs

コンピュターサイエンスの研究者やネットワークエンジニアらを中心としたシリコンバレーの先進的クリエイティブ集団である「Protocol Labs」がWeb3.0の「最初の一歩」となる「ネットワークを中心とした分散型データ流通プロトコル」の実装を成し遂げ「IPFS」と名付けられました。
「IPFS」はネットワーク内で効率的にデータが流通するように設計され、データの内容に応じた固有のアドレスを付与する仕組みによって、データの信憑性や発信元についての検証が可能であると同時にデータの改ざんを簡単に検知することができます。

ファイルコイン分散ストレージの優位性

社会にサービスを提供するパブリックブロックチェーン

ファイルコインシステムは「IPFS」を作った「Protocol Labs」によって設計されたパブリックブロックチェーンネットワークで、IPFSプロトコルに最適化された信頼度の高い保存領域を提供します。

パブリックブロックチェーンとはビットコインやイーサリアムのように、誰もが契約不要で参加することができるタイプのブロックチェーンネットワークのことで、利用者は等しくネットワーク上に提供されるサービスを活用することができます。決済システムを始め、様々な社会的なサービスがインターネットを介して世界中に提供されています。

 

「AWS」他 企業が提供するストレージとの競合関係

現在、アマゾン、マイクロソフト、グーグルといったビックテック集中型クラウドサービス

圧倒的な企業が提供するストレージと比較して、最も優位な点は「圧倒的に格安な利用料で提供可能であるということです」

ファイルコインのシステム自体は誰もが無料で利用することができ、無償で一般公開されているオープンソースのプログラムで構築されています。

利益を追求しないシステムによって運用されるストレージサービスですので格安な利用料で提供することができます。

 

 

data-site
walletinv

ウォレットインベスタードットコム

walletinvestor.com

2017年創業のウェブサイト[Walletinvestor.com]は人工知能が分析した高品質な暗号通貨レート予測を無料で提供しています。現在では株式・FX・不動産・ファンドを対象に50,000を超える金融商品のテクニカル分析と予測を提供しています。

1 Year Forecast

137.806 USD

5 Year Forecast

372.794 USD

walletinv

ウォレットインベスタードットコム

walletinvestor.com

2017年創業のウェブサイト[Walletinvestor.com]は人工知能が分析した高品質な暗号通貨レート予測を無料で提供しています。現在では株式・FX・不動産・ファンドを対象に50,000を超える金融商品のテクニカル分析と予測を提供しています。

1 Year Forecast

137.806 USD

5 Year Forecast

372.794 USD

digitalcoin

デジタルコインプライスドットコム

digitalcoinprice.com

[Digitalcoinprice.com]は約5000銘柄の暗号通貨の価格予測を提供する暗号通貨予測サイトです。予測は1日から7日の短期予測と2021年から2028年の長期年間予測を提供しています。暗号市場のデータ分析の正確性が高く評価されています。

2021予想価格

108.07 USD

2022予想価格

123.89 USD

2023予想価格

148.31 USD

2024予想価格

178.45 USD

2025予想価格

211.03 USD

2026予想価格

244.7 USD

2027予想価格

226.77 USD

2028予想価格

305.36 USD

digitalcoin

デジタルコインプライスドットコム

digitalcoinprice.com

[Digitalcoinprice.com]は約5000銘柄の暗号通貨の価格予測を提供する暗号通貨予測サイトです。予測は1日から7日の短期予測と2021年から2028年の長期年間予測を提供しています。暗号市場のデータ分析の正確性が高く評価されています。

2021予想価格

108.07 USD

2022予想価格

123.89 USD

2023予想価格

148.31 USD

2024予想価格

178.45 USD

2025予想価格

211.03 USD

2026予想価格

244.7 USD

2027予想価格

226.77 USD

2028予想価格

305.36 USD

データ爆発推移

ウェイサス

Integrated solutions and services to Filecoin Mining in Japan

サービスについて

Filecoin Mining

トータルソリューションパッケージ

システム構築・保守・運用・カスタマーサービス

システム構築
セットアップ

ご契約の翌月1日から3年の運用期間がスタートします。最初の2カ月は準備期間となり、ご購入のデータストレージサーバーをNVIDIA社のRTX 30シリーズの現行最上位モデルとなるモンスターGPUを搭載したIPFS infinite JAPANのマイニングエンジンに接続し、世界トップクラスの最適なファイルコインのマイニング環境を構築します。

ストレージに
データを充填

システムのセットアップが完了してから、報酬が開始されるまでの間に、ご購入のストレージに報酬の対象となるデータを充填していきます。
マイナーはデータを一定量保存するごとに、ファイルコインシステムに保存したことを証明します。この証明がブロックチェーンに記録されることで、保存したデータが報酬の対象となります。

専用ウォレットに
毎日送金されます

準備期間の2カ月が終了して、3カ月目の1日より、いよいよ報酬のスタートです。

報酬は毎日、専用のWebウォレットに送金されます。
ご購入のストレージによって採掘された報酬は運用手数料の30%が差し引かれ、残りの70%が送金されます。

step01-sp
step02-sp
step03-sp

One of the big differences from our competitors in

国内のデータセンターで運用

IPFS infinite JAPANは日本国内で運用されている唯一のファイルコインマイニングソリューションです。

日本の家庭用電気料金は先進国の平均程なのですが、産業用の電気料金の高さは世界でもトップクラスなので、ビットコインに代表される大量のコンピューティングリソースを消費するタイプのマイニングシステムの場合、日本での運用は事実上不可能となります。これに対して、ファイルコインのマイニングはストレージリソース、すなわちデータの倉庫としてのキャパシティと運用信頼性を対象とするシステムなので、電力消費が少なく、国内でのマイニング運用でも十分に安定的な収益化が可能です。

■ 高まる国内マイニング運用の価値
個人でも参加可能なファイルコインのマイニングサービスは、現在、中国のマイニングプールによって、そのほとんどが提供されています。これまで、中国はマイニングビジネスの中心的存在として業界をリードし続けてきました。
しかし、2021年に入って中国当局が規制を強化しており、暗号資産関連の中国企業全体の先行きについて、不透明感が強まっています。チャイナリスクマネジメントの観点では唯一の選択肢であると言えます。

datecenter

One of the big differences from our competitors in

国内のデータセンターで運用

IPFS infinite JAPANは日本国内で運用されている唯一のファイルコインマイニングソリューションです。

日本の家庭用電気料金は先進国の平均程なのですが、産業用の電気料金の高さは世界でもトップクラスなので、ビットコインに代表される大量のコンピューティングリソースを消費するタイプのマイニングシステムの場合、日本での運用は事実上不可能となります。これに対して、ファイルコインのマイニングはストレージリソース、すなわちデータの倉庫としてのキャパシティと運用信頼性を対象とするシステムなので、電力消費が少なく、国内でのマイニング運用でも十分に安定的な収益化が可能です。

■ 高まる国内マイニング運用の価値
個人でも参加可能なファイルコインのマイニングサービスは、現在、中国のマイニングプールによって、そのほとんどが提供されています。これまで、中国はマイニングビジネスの中心的存在として業界をリードし続けてきました。
しかし、2021年に入って中国当局が規制を強化しており、暗号資産関連の中国企業全体の先行きについて、不透明感が強まっています。チャイナリスクマネジメントの観点では唯一の選択肢であると言えます。

datecenter

One of the big differences from our competitors in

date-center

世界トップクラスのマイニング環境

ご購入のデータストレージサーバーは世界でもトップクラスのマイニング環境で運用されます。

・高速インターネット環境|Multi-homing
・マイニングエンジン|GeForce RTX 3090
・電力供給環境|無停電設計[UPS 自家発電装置]
・Security|24時間365日有人監視
・災害安全性|J-Tier3
・保守・メンテナンス|メーカーと共同対応
・location|千代田区

安定的な高速インターネット通信の実現にはロケーションが重要になります。日本のITインフラの拠点となるインターネットエクスチェンジは千代田区大手町にあり、通信速度はそこからの物理的距離に比例して影響を受けるからです。千代田区周辺は日本で最もITインフラが整っているのに加えて、官公庁などの重要施設が多いことからも十分な災害対策が取られているため、安定稼働が求められるファイルコインのマイニングシステム運用に最適なロケーションと言うことができます。

One of the big differences from our competitors in

世界トップクラスのマイニング環境

ご購入のデータストレージサーバーは世界でもトップクラスのマイニング環境で運用されます。

・高速インターネット環境|Multi-homing
・マイニングエンジン|GeForce RTX 3090
・電力供給環境|無停電設計[UPS 自家発電装置]
・Security|24時間365日有人監視
・災害安全性|J-Tier3
・保守・メンテナンス|メーカーと共同対応
・location|千代田区

安定的な高速インターネット通信の実現にはロケーションが重要になります。日本のITインフラの拠点となるインターネットエクスチェンジは千代田区大手町にあり、通信速度はそこからの物理的距離に比例して影響を受けるからです。千代田区周辺は日本で最もITインフラが整っているのに加えて、官公庁などの重要施設が多いことからも十分な災害対策が取られているため、安定稼働が求められるファイルコインのマイニングシステム運用に最適なロケーションと言うことができます。

date-center

One of the big differences from our competitors in

ストレージ充填率100%運用

ファイルコインでは厳格なデータ管理が行われる為、安定した収益獲得にはデータのバックアップが重要になります。

ファイルコインのマイニングプールがマイニング運用の委任を受ける際、通常は任されたストレージの容量内にバックアップ領域を設けます。なぜなら、ファイルコインのマイニングシステムはクライアントのデータを厳格に預かる為に、預かったデータの内容に、例えそれがほんの寸分の違いでも、破損があった場合にはストレージマイナーに対して罰金(ペナルティ)を課すように設計されているからです。

つまり、マイナーは災害や不測の事態など、止むを得ず預かったデータを損なってしまった場合に、システムが罰金が課すより先にあらかじめ預かるデータを全てバックアップをしておいて、それを使ってデータの復元を試みることで、ある程度、罰金を回避することができるからです。

実は、このような厳しいシステムを採用しているのはファイルコインだけで、他の分散型のストレージサービスはデータを預けるクライアント側が、データ欠損リスクを織り込まなくてはなりません。こういったファイルコインネットワークの預かるデータに対する厳格な姿勢が、競合を寄せ付けない圧倒的な強さでをネットワーク規模を拡大している理由の一つとなっています。

とはいえ、ストレージを提供する側からすると、容量の2割ほどをを報酬を産まないバックアップ容量に奪われ、結果TiB(ティビバイト)あたりの収益率が大きくダウンしてしまうという現実もあります。

IPFS infinite JAPANは、委任されたストレージとは別途に、バックアップ領域を運用会社が用意しています。ですから購入したストレージ容量の100%がマイニング報酬を生み出します。

充填

One of the big differences from our competitors in

ストレージ充填率100%運用

ファイルコインでは厳格なデータ管理が行われる為、安定した収益獲得にはデータのバックアップが重要になります。

ファイルコインのマイニングプールがマイニング運用の委任を受ける際、通常は任されたストレージの容量内にバックアップ領域を設けます。なぜなら、ファイルコインのマイニングシステムはクライアントのデータを厳格に預かる為に、預かったデータの内容に、例えそれがほんの寸分の違いでも、破損があった場合にはストレージマイナーに対して罰金(ペナルティ)を課すように設計されているからです。

つまり、マイナーは災害や不測の事態など、止むを得ず預かったデータを損なってしまった場合に、システムが罰金が課すより先にあらかじめ預かるデータを全てバックアップをしておいて、それを使ってデータの復元を試みることで、ある程度、罰金を回避することができるからです。

実は、このような厳しいシステムを採用しているのはファイルコインだけで、他の分散型のストレージサービスはデータを預けるクライアント側が、データ欠損リスクを織り込まなくてはなりません。こういったファイルコインネットワークの預かるデータに対する厳格な姿勢が、競合を寄せ付けない圧倒的な強さでをネットワーク規模を拡大している理由の一つとなっています。

とはいえ、ストレージを提供する側からすると、容量の2割ほどをを報酬を産まないバックアップ容量に奪われ、結果TiB(ティビバイト)あたりの収益率が大きくダウンしてしまうという現実もあります。

IPFS infinite JAPANは、委任されたストレージとは別途に、バックアップ領域を運用会社が用意しています。ですから購入したストレージ容量の100%がマイニング報酬を生み出します。

充填
package-top
filfox

マイニング状況をチェック

ウェブサイト "FILFOX"で、マイニングの状況をリアルタイムでモニタリングすることができます。「24h Average Mining Reward」を見ると1TBあたりの1日の報酬が確認できます。

パッケージプラン価格について

想定採掘枚数は0.03枚/日・30日 = 月(month)で算出しています。

1FILの想定取得単価

¥5,397 / 1 FIL

0001
0010
0030
0100
0300
0500
1000
0001
0010
0030
0100
0500
1000
mining-simuration
simuration-sheet
entry-docs
package-price
PAY-SITE
howtoapply

当サイトは株式会社ウェイサス社が提供する「IPFS infinite JAPAN」の国内総販売代理店である株式会社インタープラネタリー社が管理しております。