[期間限定:〜8/31]10% キャッシュバックキャンペーン|IPFS infinite JAPAN

ファイルコイントップ

日本企業が運営するファイルコインマイニングのストレージプール

日本企業が運営する
ファイルコインマイニングの
ストレージプール  

ファイルコインを市場価格よりも格安の単価で入手することが可能。
「世界トップクラスのセキュリティー」を誇るデータセンターにマイニングストレージを設置できる。
運用契約期間は3年間。運用期間中のストレージの不具合や故障は無料で完全対応。

「ファイルコイン」について

ファイルコイン_スペック
[coingecko2]

ファイルコイン価格

[FIL/JPY]

 ¥ 

 円

 時価総額: ¥


 取引高/24h[ボリューム]: ¥

 


 流通量[循環サプライ]:

 


 時価総額ランキング: 第

 


 全ての記憶容量: 

[filscan]

 最大供給枚数: 2,000,000,000枚

《ファイルコイン Filecoin[FIL] 》

「ファイルコイン」とは、次世代Webのワールドワイドなインフラ基盤の一翼を担うべく「ワールドストレージ」として設計され、分散型保存サービスを提供する高機能な暗号資産です。2020年10月15日に稼働を始めた新しいコインですが、50以上の世界の主要な取引所で活発に取引されています。

アフタービットコインの大本命との
呼び声高い「ファイルコイン」


米ナスダックに「ビットコインを凌駕する可能性のあるアルトコイン」として紹介されるなど、世界中で高い人気を誇っています。

ファイルコイン_ナスダック
ファイルコイン_ナスダック

ナスダックは自社コラムで仮想通貨がグローバル市場でより主要な資産へと進化する可能性について言及しています。仮想通貨ブームはまだ始まったばかりであり、ビットコイン以外のコインにも投資することが理にかなっているとしていて、仮想通貨をポートフォリオの10%〜15%を割り当てることでリターンが高まると予想しています。

ファイルコイン_ナスダック

将来ビットコインよりも優れたパフォーマンスを発揮できる魅力的なコインとして「ファイルコイン」を取り上げ、想定される実需要の大きさと史上最大級の282億円に上る資金調達に成功し、スタンフォード大学をはじめ、世界的な錚々たる顔ぶれの投資家がサポートするビッグプロジェクトであることをあげ、「私たちは強力な事業計画に裏打ちされたコインに投資するべき」としています。

ファイルコイン_ナスダック

1. 史上最大級のビッグプロジェクト

2. 爆発的に拡大するストレージ需要

3. 価格破壊!超格安のストレージ価格

価格予想 価格予想

DigitalCoinPriceアナリストによる最新のファイルコインの予想では需要が上昇し続けるウェブインフラの根幹技術であるため、中長期的に安定した成長が予想されています。

こちらから「IPFS infinite JAPAN」のお申込みをいただけます

IPFS infinite JAPANマイニング

おすすめ7つの理由とは?

①ストレージのデータ充填率100%

ファイルコインのマイニングプールがマイニング運用の委任を受ける際、通常は任されたストレージの容量内にバックアップ領域を設けます。なぜなら、ファイルコインのマイニングネットワークシステムはクライアントのデータを厳格に預かる為に、預かったデータの内容に、例えそれがほんの寸分の違いでも、破損があった場合にはストレージマイナーに対して罰金(ペナルティ)を課すように設計されているからです。

つまり、マイナーは災害や不測の事態など、止むを得ず預かったデータを損なってしまった場合に、システムが罰金が課すより先にあらかじめ預かるデータを全てバックアップをしておいて、それを使ってデータの復元を試みることで、ある程度、罰金を回避することができるからです。

実は、このような厳しいシステムを採用しているのはファイルコインだけで、他の分散型のストレージサービスはデータを預けるクライアント側が、データ欠損リスクを織り込まなくてはなりません。こういったファイルコインネットワークの預かるデータに対する厳格な姿勢が、競合を寄せ付けない圧倒的な強さでをネットワーク規模を拡大している理由の一つとなっています。

とはいえ、ストレージを提供する側からすると、容量の2割ほどをを報酬を産まないバックアップ容量に奪われ、結果TiB(ティビバイト)あたりの収益率が大きくダウンしてしまうという現実もあります。

しかし、IPFS infinite JAPANは、委任されたストレージとは別途に、バックアップ領域を運用会社が用意しています。ですから委任したストレージの容量の100%がマイニング報酬を生み出します。

②マイニングの機械を購入する形なので経費としても申請可能

多くのマイニング業者は期限つきのストレージレンタルという形式を取っているため、期限が過ぎると手元には何も残りませんが、【IPFS infinite JAPAN】は機械の購入であるため機械が残ります。

(最終的には売却する選択肢あり)だけでなく、設備投資として経費として認められる可能性があります。

③日本国内ではNo1規模のマイニング設備

マイニング設備

【IPFS infinite JAPAN】は日本初の大型ファイルコインのマイニングプール。規模が大きいが故の効率的な運用と管理、何より国内に設定されている安心感が海外案件と大きく違います。

④マシンの設定や維持管理に至るまで、 国内の専門エンジニアが代行

  • サーバ機材として下記の2モデルを使用しています。
  • お客様所有の「データストレージサーバ」いわゆる「マイニングマシン」へのデータ読み書きなどのマイニング処理はこれらのデータ群が実施します。
  • すべてのお客様が共同使用のクラウドサービスとしてサービス提供します。
製品名   FusionCube2288X V5
CPU Xeon Silver 4214R (2.4GHz/12core)×2  
GPU GeForce RTX 3090
マシンスペック
製品名   TaiShan200
CPU Kunpeng920(3.0GHz/48core)×2 
マシンスペック マシンスペック

機械の設定・維持管理・保守、細かなトラブルに至るまで、全て日本国内のエンジニアが対応いたします。

⑤国内トップレベルのデータセンターで24時間体制のセキュリティを構築

データセンターイメージ

東京・千代田区のデータセンターにてマイニングプールを構築しています。24時間、有人によるセキュリティ体制が構築されているだけでなく、耐震構造の建物で天災にも強い、日本トップクラスのデータセンターです。また千代田区は天災が起こってもデータセンターの復旧が優先されます

⑥日本での運用のためサポートはすべて日本語対応

サーバーの設置、維持運営、保守する契約エンジニア業者だけでなく、入金先も全て日本国内の企業。他社のように海外の業者を仲介する案件でありがちな、情報伝達スピードや意思疎通に関する心配が無いだけでなく、契約通りのサービスを展開する信頼感が大きく違います。

⑦3年後にマイニング機械の買取も可能!

マイニングの機械を購入する案件の中には、3年後に機械が手元に残り、処理が困るケースが聞かれますが、【IPFS infinite JAPAN】は3年後に業者による買い取りの選択肢があるため、参加者が期間中も期間後も手間を煩わせることはございません。

このように、様々あるファイルコインマイニング案件の中でも、非常に参加しやすい条件が揃っています

マイニング案件は、マイニング報酬を実際に得るまでが重要です。 見た目の利回りだけではなく、3年間しっかり運用が行われ、 最後にリターンを手にできることが、最も重要な事項と言える claでしょう。 その点、ウェイサス社は昨年までのIPFS原力区案件でも実績もあり、またサポート体制の評判も良い企業です。

《期間限定特別開催》10% キャッシュバックキャンペーン[〜8/31(火)まで]



期間中、ウェイサス社が提供するファイルコインのマイニング運用サービス”IPFS Infinite Japsn”をお申し込みくださった皆様に、お支払の10%をキャッシュバックいたします。

[申込み締切について]2021年8月31日23時59分59秒の申込み分まで有効となります。

ご入金確認後、株式会社インタープラネタリー FIL事務局よりIPFS infinite JAPANにご登録いただきましたメールアドレス宛に連絡させていただきます。メールに記載させていただきますご確認事項をご返信いただきますようお願いいたします。FIL事務局にてご返信確認後、7日以内の送金手続き(ご購入金額の10%)となります。

こちらから「IPFS infinite JAPAN」のお申込みをいただけます

「ファイルコイン」について詳しい情報をお求めの方には、暗号資産の専門メディアである「月刊暗号資産」がサポートするオンラインセミナーにご参加ください。

無料オンラインセミナー詳細

アフタービットコインの大本命
「ファイルコイン」を徹底解説!


《所要時間》

1時間20分

《視聴ツール》

お申込後メールにて視聴用URLをご案内いたします。

《主催》

 株式会社インタープラネタリー

《共催》

月刊暗号資産オンライン

セミナープログラム

【第1部】

金融市場の動向と暗号資産「ファイルコイン」

金融業界を40年以上に渡り、第一線で活躍してきた登壇者ならではのシンプルかつ奥深い分析。株・債権・コモデティ・デリバティブ・金利・物価など、グローバルな最新金融動向を網羅的にまるづかみできます。その上で暗号通貨や「ファイルコイン」の立ち位置やその変化について、そして「狙い所」までを具体的にわかりやすく解説します。

[登壇者]

倉本 佳光氏

株式会社J-CAM
金融コンサルタント

慶應義塾大学法学部法律学科
山一証券株式会社
メリルリンチ日本証券株式会社
岡三アセットマネジメント 理事

セミナー登壇者

【第2部】

「ファイルコイン」と「IPFS」

第3世代インターネット Web3.0へと大きな変革の最中にある現在にあって、「今必要なこと」「今やっておくべきこと」にフォーカスしていきます。IPFSという次世代通信方法を中心にブロックチェーンが繋がり合うWeb3.0では一体どのような世の中になっていくのか「ファイルコイン」の未来から具体的な入手方法までを丁寧に解説します。

セミナー登壇者

[登壇者]

長谷川 和仁氏

株式会社インタプラネタリー
シニアマネージャー

暗号通貨アナリスト



【スポット解説】

「ファイルコインマイニング」について

「ビットコイン」や「ブロックチェーン」において、最も画期的な発明と言えるのが「マイニング」と呼ばれるシステムです。この「マイニングシステム」は何の為に、どのように機能していて、何をしているのか?など基本的なところから深く理解することで、暗号通貨の真の価値が見えてきます。初心者にもわかるようにじっくり丁寧に解説していきます。

[登壇者]

道山 到氏

株式会社インタプラネタリー
暗号通貨研究員

国学院大学文学部文学科
投資診断士
暗号通貨系ライター

セミナー登壇者

こちらから「IPFS infinite JAPAN」のお申込みをいただけます