ファイルコイン、最強取得戦略。

ファイルコイン[FIL]の入手方法

ファイルコイン[FIL]の入手方法は2つあります。一つは暗号資産取引所で取引をして、市場価格で購入する方法です。

ファイルコインはバイナンス、FTXといった国際的に有名な取引所をはじめ先物取引も合わせると世界中で50以上の取引所に上場されており、上場間もない現時点で、すでにトップクラスの流動性を獲得している暗号資産です。

残念ながら日本の取引所ではまだ扱われておりませんので、日本に住む私たちがファイルコインを市場で購入する場合には、海外でファイルコインを取り扱っている暗号資産取引所の口座を開設する必要があります。

《ファイルコイン[FIL]の取り扱いがある暗号資産取引所》

・Binanceのホームページ [FIL / USDT ・ FIL / BTC]
・BitForexのホームページ [FIL / USDT]

口座を開設したら、資金を入金します。一般的に海外の取引所では円での入金を受け付けていませんので、あらかじめ日本の暗号資産取引所などで購入したBitcoinなどの暗号資産を海外の口座に送金して、利用する形になります。

ファイルコインをマイニングする。

もう一つの入手方法はファイルコインのマイニングに参加することで入手することができます。

ファイルコインのマイナーはネットワークに提供するストレージの量に正比例してマイニング報酬のチャンスが回ってきます。

ビットコイン同様にファイルコインも時が経ちブロックが積み重なって行くに連れてマイニング報酬が少なくなって行くように設計されています。

時の経過とともに需要が拡大していき1コインあたりの価値が高まっていく(1コインあたりの値段が上がる)ことを想定して、マイニング報酬が調整されるようになっています。

しかし、ビットコインの報酬が約4年に1度の半減期(21万ブロック)毎に段階的に下がって行くのに対して、ファイルコインは上図赤線が示すように、滑らかに連続的に報酬が下がって行くように設計されています。

ですから、メインネットがローンチしたばかりの今が最も効率よく(安いコストでより沢山の)マイニングできるタイミングとなっており。時間が経過するに連れて徐々に報酬は少なくなっていきます。

マイニングをするには?

ファイルコインネットワークに常時接続して、規定のフォーマットに従って、用意したストレージが利用可能な状態であることを示したり、保存したデータの保存証明を更新することなどが必要です。

しかしながら、普段お使いのパソコンを常にファイルコインのネットワークに接続していれば良いというわけではありません

マイニングに必要なマシンのスペック

プロトコルラボがマイニングのために用意した「ロータス」という専用アプリを使ってマイニングをする場合についてご紹介しますが、まず利用できるOSはリナックスかマックOSのみとなっており、ウィンドウズマシンではマイニングできません。最低限必要とされるマシンのスペックについてですが、CPUは8コア以上、メモリは少なくとも128GiBのRAMが必要です。これは、非常に高速なNVMeSSDストレージメディアでの256GiBのスワップで補完する必要があります。GPUについてもSNARKの計算を大幅に高速化できるため、強力なGPUをお勧めします。必要なスペック詳しくはコチラ

かなりハイスペックなマシンでマイニングすることが想定されており、一般的なパソコンではスペックが足りないので、自力でマイニングするにはやはりマイニング専用マシンで環境を整えるという選択になると思います。

結局、マイニングには専用マシンが必要になる

更に罰金に備えてデポジットする必要がある

ファイルコインはIPFSネットワークにおいて、常時オンラインで利用可能なストレージを提供し、クライアントが安心してデータを保存し、ユーザーが必要な時にそのデータを利用できるようにするというのがそもそもの役割ですから、マイナー達は、ストレージとして一定以上の品質を保持する為のルールに従ってマイニングを行い、一時的にオフラインになってしまうなど、ルールに違反するとあらかじめデポジットしたFILからペナルティ(罰金)をひかれてしまいます。

面倒なことは全てお任せ!マイニングサービス

ファイルコインのマイニングには興味あったけど、参入ハードルが高くて諦めざるを得ないという方には、朗報です!世界でもトップクラスのファイルコインマイニングファームがハイスペックなストレージマシンをレンタルしてくれてマイニングノード(ファイルコインの認定マイナー)として、高効率でマイニングしてくれるサービスがいくつかリリースされています。市場よりも安くFILを獲得することができます。

現在のところ自前でマイニング環境を整えてマイニングに参加する方法を除けば、市場価格以下で最も安くFILを手に入れることができる方法ということになります。

日本市場に向けて現在でもいくつかのマイニングサービスがラインナップされていますが、まだ、サービスについての規制などが整っていませんので、サービスの質が提供する企業ごとにまちまちであったりするので、マイニングの効率などについて多少注意が必要です。

今回は数あるマイニングサービスの中から、「IPFS Infinite JAPAN」というサービスを例にとって検証していきます。「IPFS Infinite JAPAN」は千代田区に最新スペックのデータセンターを構える日本の株式会社ウェイサスが主宰する国産の非常に人気の高いマイニングサービスです。

IPFS Infinite JAPANとは?

IPFS Infinite JAPANの優れている点は、セキュリティーの高い日本の高品質なデータセンターを自社で構えていることをあげることができます。

マイニングの状況は可視化されており、いつでもいくつかのサイトでモニタニングすることができるので、一度確認してみることをお勧めします。

フィルフォックス

マイナーのステータスを確認することができます。より注目する点は「マイニング効率」の高さと、セクターステータスの項目から「障害」や「回復」の数をみて確認したいのが「データ処理の失敗数」の少なさで、マイニング報酬の量に直結してくる数値となります。

サービスとして優れている点

またIPFS Infinite JAPANのサービスとしての特徴は、マイニングマシンを買い取って運用委託する形なので、申請さえすれば購入にかかる費用を一括で経費として申告することが可能です。

IPFS Infinite JAPANでは、契約期間3年の間に、1TiBあたりのマイニング枚数が67.2FILとシミュレーションしており、自前のマイニング能力に自信を持っていることが伺えます。しかし、注意が必要なのはIPFS Infinite JAPANがしめしているのはあくまでもシミュレーションレーション枚数であって、取得枚数の保証をしているわけではありません。

契約内容

IPFS Infinite JAPANは3年契約となっており、投資予算に合わせて以下のプランが利用できます。いずれのプランにもマイニング枚数保証が付属しており、管理費を差し引いた70.0%が契約者に配布されるようになっている。また、保証分の枚数型達成できると、その後は成果報酬が取られる形で、契約者に配布される数量が30.0%になる。

また、IPFS Infinite JAPANは契約直後からマイニングできるわけではない。当然だが、契約後はマイニングのためのマシン調達が必要になる。契約には月々の締日があり、15日もしくは末日となっています。契約後の締日から数えて15日間は機材の設置やセッティングに当てられます。そこから4か月間の準備期間をシーリングパワーの充填に当てます。

この準備期間が終了してから、採掘開始となるのですが、この採掘開始から最初の3か月間は予めIPFS Infinite JAPANの方で立て替えていた担保金の差し替えを行いますので、実際にコインがお手元に届き始めるのは7カ月−8カ月後になることをご確認ください。

プラン名TiB数価格
(税込)
ブロンズプラン1¥198,000
シルバープラン3¥590,000
ゴールドプラン5¥970,000
プラチナプラン10¥1,900,000
ダイヤモンドプラン15¥2,800,000
マスタープラン30¥5,500,000
プレミアムプラン50¥91,000,000
プレミアPROプラン100180,000,000

マシン演算力充填期間と必要担保獲得期間は、Filecoin(ファイルコイン)の特性上、必要不可欠なものになる。

Filecoin(ファイルコイン)では、例えば1TiBのストレージを用意したからといって、すぐに1TiB分をマイニングできるわけではない。1TiB分をマイニングするための担保となるFILを確保し、マイニングを始めることで、次第にストレージにデータが蓄積されることによってマシン演算力が充填されていく。充填にはどうしても時間がかかるので、IPFS Infinite JAPANのサービスはこのような立て付けになっているのである。これはどのマイナーでも一緒であり、IPFS Infinite JAPANだから日数が必要というわけではありません。

開催中のファイルコインセミナー

IPFS Infinite JAPANの詳細

>「ファイルコイン」オンラインセミナー

「ファイルコイン」オンラインセミナー

CTR IMG

次世代インターネット通信の核となる「IPFS」と「ファイルコイン」。暗号通貨の枠を超えてIT業界全体で今最も注目されるテクノロジープラットフォームです。専門家が様々な角度からわかりやすく解説するオンラインセミナー [注目度が高いので]現在無料にて開催中!

最新情報をチェックしよう!
4 件のコメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
斎藤 和也
1 年 前

ノードとはなんですか???

斎藤 和也
1 年 前

マイニングは、ビットコインと同じと考えればいいですか?

Investmentの最新記事8件

>「ファイルコイン」オンラインセミナー

「ファイルコイン」オンラインセミナー

次世代インターネット通信の核となる「IPFS」と「ファイルコイン」。暗号通貨の枠を超えてIT業界全体で今最も注目されるテクノロジープラットフォームです。専門家が様々な角度からわかりやすく解説するオンラインセミナー [注目度が高いので]現在無料にて開催中!

CTR IMG
4
0
感想をお聞かせくださいx
()
x