Web3.0の中心的役割を担うIPFS (InterPlanetary File System)ファイルコイン(FIL)の可能性を様々な角度から掘り下げ、ハイスループットなコンテンツアドレスによる検索と分散型ストレージが作り出す未来を読み解きます。

 

ファイルコイン(FIL)とは

ファイルコインはマイナーにストレージの提供を受けて分散型ストレージネットワークを展開するシステムです。AWSなどの集中型のクラウドストレージとは比較にならないほど安価で、高品質な保存領域を提供します。

コンテンツを保存するクライアント、コンテンツをリクエストするユーザー、ストレージを提供するマイナーの間で暗号通貨FILを流通通貨として経済圏を醸成します。

流通通貨のFILはクライアント・ユーザーには決済手段として機能し、マイナーには報酬とペナルティ(罰金)でその品質を高く維持するように機能します。

想定される実需要の大きさから「アフタービットコインの大本命」と投資資産としても期待を集めています。

テーパリングの懸念後退でもビットコイン下落の理由

日本のワイドショーでは新型コロナウイルスや変異ウイルスの感染拡大の懸念からオリンピック開催の是非について、連日専門家を招いては様々な議論が飛び交っていますが、グローバルな投資マーケットでは、アメリカ政府、すなわち米連邦準備理事会(FRB)の資産購入の縮小「テーパリング」の懸念が関心の中心となっています。

DMM Bitcoin

ユニコーンスタートアップがファイルコインエコシステムから出現することを期待

セイシェル島を拠点とする世界最大級の仮想通貨取引所「OKex」は新たに「ブロックドリームファンド」を設立し「ファイルコインネットワーク」とのコラボレーションを発表しました。ファンドの創設者であるDora以下のように述べています。 私たちは、いくつかのユニコーンスタートアップがファイルコインエコシステムから出現することを期待しています。Dora |BlockDreamFund ファイルコインコミニュ […]

ファイルコインの二重支払い問題

[起こったこと] 2021年3月18日、 取引のイニシエータは、Replace By Fee 取引(RBF、誤まった情報を送信してしまっても、トランザクションがブロックに取り込まれる前であれば、先に送信した手数料よりも高い手数料を支払うことで情報を上書きできる取引)のコールを発行することで取引を高速化しようとし、基本的にマイナーに高い手数料で取引を確認するよう依頼した。システムは通常、最初の取引を […]

米コインベースの上場

コインベースの時価総額は10兆9000億を超え、ニューヨーク証券取引所を傘下に持つインターコンチネンタル・エクスチェンジやナスダックを上回りました。 金融業界では、コインベースの上場成功により、暗号資産業界が“市民権”を得たとの認識が広がっています。

DMM Bitcoin

ファイルコイン、最強取得戦略。

2021年注目すべきコインはファイルコインです。ビットコインやイーサリアムの高騰に乗り遅れてしまったという方にファイルコインをお勧めできる理由は、ファイルコインが独自の経済圏を作り出すコインだからです。今後のブレイクする可能性のある仮想通貨の条件をあげるならば、投機需要以外の独自の実需要を持っているということになります。

Web3.0 ファイルコインまでの歩み

2009年にビットコインの運用開始と共にブロックチェーンが誕生し、人類は誰でもインターネット上で簡単確実に「価値」のやり取りをすることができるようになりました。

>「ファイルコイン」オンラインセミナー

「ファイルコイン」オンラインセミナー

次世代インターネット通信の核となる「IPFS」と「ファイルコイン」。暗号通貨の枠を超えてIT業界全体で今最も注目されるテクノロジープラットフォームです。専門家が様々な角度からわかりやすく解説するオンラインセミナー [注目度が高いので]現在無料にて開催中!

CTR IMG